小顔は永遠の憧れ!小顔になるために知っておくべきこと

女性

顔の筋肉の鍛え方

小顔になるためには、顔の筋肉が鍵を握っています。顔の表情筋を鍛えることで小顔が手に入りますから、顔が大きくて悩んでいる方h積極的に行うことをおすすめします。表情筋を鍛えればあなたもきっと今よりも小顔になれますよ。

詳しく見る

女子医学生

噛む力を鍛える

あなたはやわらかいものや顎をあまり使わない食べ物を日常的に摂っていませんか?実は顎を使わないと筋肉が衰え、小顔とは程遠くなってしまいます。ここでは食べるだけで小顔に近づける食べ物をご紹介してきたいと思います。

詳しく見る

鏡を見る女性

美容整形で小顔に

近年では、美容整形の技術も高く簡単に小顔になれる施術方法も増えてきました。メスを使わないプチ整形や本格的な小顔形成など自分がなりたい顔を手にすることができるようになりました。では、今の美容整形でできる小顔施術を教えたいと思います。

詳しく見る

小顔になれない原因を知る

鏡を見る女性

顔が大きく見える原因

顔が大きく見える原因として、様々なことが考えられます。若いうちは代謝も良いですし、ダイエットしても効果が現れるのも早いですが、30代に突入すると代謝も落ち顔についた贅肉が落ちづらくなります。更に、現代人はパソコンやスマホを日常的に使用するので、姿勢が悪くなりやすく、猫背の人が多い傾向にあります。猫背の体勢は、背中が丸まり首が前に曲がっている状態ですから、二重あごになりやすく、顔のたるみの原因にも繋がります。長期間その状態が続くと筋肉がどんどんと衰えていき、顔がブルドックのように垂れ下がり、あっという間に老け顔になっているということもあります。また、肩や首の筋肉が凝った状態であれば、血液の循環が悪くなり、顔に溜まった老廃物がきちんと排出されず、むくんだり肌が荒れたりします。
他にもストレスうを抱えてていると、肩に力が入ったり無意識に歯を食いしばっているということもあります。歯を強く食いしばると顎付近の筋肉に力が入り、エラが張ることもあります。「食いしばっただけでエラが張るって信じられない」と思う方もいる方と思いますが、エラと言われる部分は咬筋という筋肉です。ここには自分の体重と同じくらいの重さがかかると言われています。ギリギリと食いしばっている間もあなたの体重分の負荷が咬筋にかかっています。それでは、エラが発達する理由も納得ですよね。顎に力が入っていないか意識するだけでも変わるので、無駄に顔を大きくする習慣をなくしていきましょう。

小顔の鍵は表情筋

表情筋が強張っていると、顔の筋肉がガチガチになって筋肉太りで顔が大きく見えるようになってしまいます。こうした事態を避けるためにも、表情筋を緩めてリラックスさせて小顔を手に入れましょう。表情筋の強張りを解くと。得られる効果はたくさんあります。まず、筋肉がラックスした状態になれば自血液の循環が良くなり、老廃物や溜まった水分が流れていくのでむくみ解消にも繋がります。むくみが解消すると、顔が全体的にスッキリしてたるみも気にならなくなります。そうすることで、目が大きく見えたりフェイスラインがシャープに見えたりするので、小顔の相乗効果が期待できます。
顔には主に、眼輪筋や大頬骨筋、口輪筋やオトガイ筋、咬筋や側頭筋など合わせて8つの表情筋から成り立っています。この筋肉が衰えると顔が大きく見えます。顎付近にあるオトガイ筋が衰えれば、二重あごが目立つようになりますし、側頭筋が衰えるとフェイスラインがたるみ締りのない顔になります。小顔になるためには、表情筋マッサージを取り入れたり正しい姿勢の維持などを心がけていく必要があります。