小顔は永遠の憧れ!小顔になるために知っておくべきこと

顔の筋肉の鍛え方

女性

表情筋を鍛えよう

頬についた脂肪がたるんでフェイスラインが崩れたり、ほうれい線ができて老けて見えたり……そんな経験はありませんか?表情筋を鍛えると得られる小顔メリットは多いです。表情筋を鍛えることでたるみなどの原因になっている脂肪を減らすことができますから、小顔になりたい方、アンチエイジングしたい方は積極的に表情筋を鍛えていきましょう。表情筋を鍛えると顔の血行も良くなりますし、肌質も上がります。小顔効果だけではなく若返り効果も期待できます。簡単にできる表情筋ストレッチとして「アイウエオ体操」があります。文字通り口を「ア・イ・ウ・エ・オ」と動かしていく体操です。顔の筋肉をめいいっぱい使いましょう。1文字10秒キープで取り入れてみてください。入浴時やドライヤーで紙を乾かしている時に簡単にできる方法です。
私たちの体にある筋肉は繋がっています。表情筋も頭の筋肉と繋がっていますし、頭の筋肉を支えているのが背中にある筋肉です。なので、表情筋だけを鍛えるのではなく背中の筋肉も同時に鍛えましょう。僧帽筋という筋肉が重要ですから、小顔をキープするためにも鍛えたほうが良いですよ。立ち姿も美しく見えますし一石二鳥ですね。
他にも、市販されている小顔グッズを使うのもおすすめです。フェイスローラーやかっさなどのマッサージ器具や、口の周りにある口輪筋を鍛える器具も販売されています。それらを上手に組み合わせて行うことでより高い小顔効果得られます。セルフマッサージを行う際は、独学だけで行わずしっかり本なインターネットで知識をつけてから行ってください。間違ったマッサージは肌トラブルを引き起こす可能性もありますし、マッサージの力加減を間違うと小顔どころか炎症を起こして腫れてしまう恐れもありますから、正しいやり方で行ってください。

頑固な筋肉の凝りを解消するには

小顔と肩こりは実は無関係ではありません。肩こりを解消することで、顔が大きくなる原因を解消することができますから、顔だけではなく肩周りの筋肉を解していきましょう。ガッチガチに凝り固まった肩の筋肉は、セルフケアでほぐしていくには限界があります。ただでさえ辛い肩こりが顔を大きくする原因になる上に、悪化すれば眼精疲労も招いてしまうので、早急に解消したいものですよね。湿布を貼ったりテーピングをしたりするのは、一時しのぎにしか過ぎませんし、慢性肩こりは小顔への道を遠ざけてしまいます。頑固な肩こりはきちんと改善しましょう。整体やマッサージに通うことをおすすめしますが、初回から劇的に改善されるわけではないので、ほぐれるまで定期的に通う必要があります。歪んだ体の癖は1度の施術で治すことはできませんし、定期的に通うことで体の歪みを整えていきます。ですが、整体は施術を行う人によって効果の出方が違います。上手くない人であれば効果が出るのが遅かったり最悪の場合、悪化したりすることもあります。「じゃあどうすれば肩こりを改善できるの?」という方もいますよね。そういう場合は美容クリニックに頼りましょう。美容クリニックでは「ボトックス注射」という施術があります。ボトックスは強張った筋肉を緩めてくれる作用を持っているので、張ったエラや肩こりに効果を発揮してくれます。