小顔は永遠の憧れ!小顔になるために知っておくべきこと

噛む力を鍛える

女子医学生

噛む力は大切

咀嚼の回数が少なくなると噛む力が弱まり、顔の表情筋が衰え引き締まった小顔を手に入れるのが難しくなってしまいます。それだけではなく、たるんだ顔は実年齢よりも老けて見られますし、表情が乏しくなって無愛想な印象を与えてしまいます。写真を取る際に、笑っているつもりでも撮った写真を見ると無表情だったという方は、表情筋を鍛える必要があります。普段から表情筋ストレッチを行うことも大切ですが、やわらかい食べ物や顎を使わない食材ばかり口にしていては噛む力を鍛えることができません。年齢を重ねていくと噛む力はどんどん衰えていきますし、老けるのも早くなります。噛む力を鍛えると唾液量も増えますし、体に良いことばかりですから、日頃から噛む力が鍛えられる食べ物を心がけ、小顔の効果をしっかりと実感できるようにしましょう。

噛む力が鍛えられる食材

噛む力が鍛えられる食材は、歯ごたえのあるものや弾力のあるものを選びましょう。フランスパンやスルメなどが良く例として挙げられますが、毎日食事として取り入れられるものではありませんし、スルメはニオイが気になるので日本酒とは合うけど、おやつとして持ち歩くことは乙女心が許さないという方もいるかと思います。また、歯があまり丈夫でない方は、せんべいなどの堅い食べ物を食べるには抵抗があるかと思います。そんな方でも取り入れやすい食べ物をご紹介したいと思います。通勤中でもおやつ時間にも取り入れやすい食べ物が「ガム」や「グミ」です。ガムやグミはカロリーも低いですしダイエット中でも取り入れやすいです。ガムは口臭ケアとして取り入れる方も多いですから、朝の通勤時間や食後などの時間を利用して噛むようにしましょう。グミはおやつとして取り入れることもできますから、ダイエット中の方にもおすすめです。咀嚼回数が増えると満腹感を感じやすいのでドカ食いも防げてダブルの効果が期待できます。グミにはコラーゲンも含まれているので、筋肉の弾力をアップさせてくれる働きがあります。ビタミンCが配合されている物を選ぶことをおすすめします。ガムやグミはコンパクトなので、バッグに入れて持ち運ぶことができ、いつでもどこでも小顔ストレッチを行うことができます。片方どちらかに力が偏らないように、左右の噛むバランスを取りながら行うようにしましょう。
普段の食事でもしっかり噛むことが大切です。背筋を伸ばし、綺麗な姿勢を心がけてください。1口30回を目安にしっかり口の周りの筋肉を意識しながら食事を行うことと、フェイスラインはもちろんデコルテ付近の筋肉も鍛えられるのでより小顔に見せることができます。食事の際は、口に食べ物が入っている時は口を閉じてクチャクチャ音を立てないのがエチケットです。